アトリエ D' ça y est

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

お昼寝だるま

2010/08/08(Sun) 10:02
ohirune daruma

タイトル:「お昼寝だるま」  ペーパースクリーン(版画) 和紙

※画像をクリックすると大きくなります


初めてのペーパースクリーン第一作目です。これだけで4工程(黒→茶→白→赤の刷り)あるのですが、月に2回の教室で2カ月かかりました。インクがすぐに乾かないので次の色を刷ることができないためです。

教室からもらったテーマが「ダルマ」だったので、まだ桜がはらはらと散っている頃の花びらと、うちのネコさんたちの寝顔をイメージして、「ダルマさんもたまには横になってもいいじゃないか(^^」とお昼寝してもらいました。

まだ、線の処理などが本当に雑で、色がにじんだりしています。上手くなると見事な線が出てきます。


現在、次の作品「水」に取りかかっています。教室の展示会に間に合えばいいなあ。


おっと自分の絵の作品も仕上げにかからなきゃ(^^;。




スポンサーサイト
インスピレーションアート コメント:0 トラックバック:0

図書館の向こう

2010/06/25(Fri) 00:42
図書室の向こう


僕のプロフィールの口絵にしているこの絵も「真夜中の図書館」に使われた絵です。

僕の絵は最初このようにペン画で、モノクロでした。

これはフリーハンドだけど、当時の僕は設計屋として、剃刀のような鋭い線を書くのが目標でした。


切れ味のいい極薄の刃物のような線。
空中を切り裂くような、それでいてデリケートで、温度が上がったら溶けてしまいそうな氷の刃の線。


それは僕の、僕自身がなりたい人物像でした。


時を経て今、僕はフリーハンドの優しい印象の線をひいています。

それは僕の人生を歩む上でのコツなのか、本当に優しくなれたのかは
自分でもよく判らないのです。


この頃の線はまだ幼さと優しさが見受けられます。
そしてこの後、作品は残っていませんが、きつい定規の線になります。


僕はそのどちらの時代も好きです。


時を経て、強いエネルギーの自分と、やわらかいエネルギーの自分と
両方を経験してもまだ僕は自分の線にたどりつきません。


いや、たどりつかないんじゃない
その時その時の自分を精いっぱい表現すればいいんだ。


冷たい線も優しい線も
どちらも僕なんだから。



インスピレーションアート コメント:0 トラックバック:0

砂漠のクジラ

2010/06/24(Thu) 11:39
砂漠のクジラ


これも「真夜中の図書館」の挿絵として使われたイラスト。しかし、ホントまだ下手だなあ~(^^;。


でもこの頃の感性って今とまた違って我ながら新鮮な驚きがあります。紙一枚でできたような薄っぺらいクジラといい(^^。


インスピレーションアート コメント:0 トラックバック:0

歪んだ街

2010/06/18(Fri) 15:21
歪んだ街


「歪んだ街」

前回に続く「真夜中の図書館」の一枚。


僕の原点のひとつにNHKの「みんなのうた」がある。その中の一曲、「キャッツ・アイ・ラブ」という曲が当時小学生だった僕に強い影響を与えました。

解説:うたた寝をしていて地球に落っこちてしまったドジな星。そこに通りがかった男が、その星が落ちたあとに残った星形の水たまりをのぞき込むと、猫がカップを片手に「ホットミルクはいかが?」と男を誘う・・・。『赤鬼と青鬼のタンゴ』『アスタ・ルエゴ』等でおなじみの加藤直さんによる、ちょっと不思議な物語の世界を男女の掛けあいで歌います(NHKみんなのうた非公式サイト-みんなのうた缶 よりお借りしました)。


キャロライン洋子さんのちょっと調子はずれの声と、「奥様は魔女」のダーリンの声で有名な柳沢真一さんのの甘い声が奇妙なバランスを取って雨上がりの濡れた石畳にこだまします。ガス灯、星と月、そんな中にじっと通行人を見つめる不思議な猫・・・そんなイメージで描いたのがこの作品。


今だったら陰影をつけてもう少しリアルに仕上げるかな(^^。

インスピレーションアート コメント:0 トラックバック:0

月と太陽

2010/06/18(Fri) 12:48
月と太陽


「月と太陽」


これは「真夜中の図書館」という本に使われたイラストの中の一枚です。僕が絵描きになるきっかになったのもので、素人の絵を良く使ってもらえたものだと思っています。


もうひとつのブログ、ドミニクカフェで書きましたが、僕の絵の原点はこういう不思議絵でした。そこからある日、知人がワンデーショップを行うというので、僕も何か出店することになり、何をするか考えているうちに

「そうだ、絵を描くよ!」
「絵って、似顔絵?」
「いやいや、その人の中に感じるイメージや色を絵にする」
「へ?できるの?」
「何となくだけどね」


そんな会話から今の絵描きの僕がいます。人生はそれこそ不思議絵です。


この不思議絵の世界をもっと描いていきたい。
今の僕の気持ちです。


素人のころの絵でお恥ずかしいですが、何点かこれから掲載していこうと思っています。

インスピレーションアート コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

ドミニク

Author:ドミニク
画家、空間プランナー。

もともと天文ファンが高じて科学と歴史を愛するようになり、そのイメージを絵にして絵描きに、歴史から建築に興味を持ち、設計屋となりました。
ヒーリング系の絵を描いていますが、ヒーラーの清く優しいイメージはまったく持っていない、大人の科学大好き人間です(^^;。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15615位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4423位
アクセスランキングを見る>>

リンク

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。